DVDプレス|激安CDプレス・激安DVDプレスのCD-PAC

激安CDプレス・激安DVDプレスのCD-PAC
s

DVDプレスとは

DVDプレスとは入稿されたDVDマスターよりスタンパーを作り、このスタンパーを元にいくつかの機械で構成されたプレスラインによって高速にDVDを作るDVD製造方法です。

DVDマスターより作られたスタンパーに対してポリカーボネート樹脂を高い圧力で射出する事によって原盤に忠実なビットを成形して作るため非常に高品質で高耐久なDVDを作る事が出来ます。
実際のプレスDVDは、上記の射出成形で出来た基板に反射膜(片面1層はアルミ、片面2層は特殊シリコン)をスパッタリング(乾式メッキ)し保護層をコーティング後、片面1層ではダミー基板、片面2層は2層目の基板を張り合わせ、最後にレーベル印刷がされて完成となります。

DVDプレスとDVDコピーの違い

DVDプレスが1つのスタンパーから高速で大量に作られるのと違い、DVDコピーは元となるDVDマスターと同様のビットをDVD-R1枚1枚の色素膜をレーザーで焼く事によって作られます。
DVDプレスと比べ、スタンパー制作の工程が無いため短納期でDVDを作る事が可能ですが、ビットの成形があまいため品質や再生互換性が非常に悪く、色素膜の変質、劣化により耐久性も格段に劣ります。
DVDコピーは、色素膜の色が見えてしまうため記録面が紫っぽい色をしています。

一般的に流通している映画、ライブビデオなどの映像DVDソフトは品質、再生互換性、耐久性の観点からほぼすべてDVDプレスで作られています。

DVDプレスに関連するページ

s