DVDマスター制作の注意点|CDプレス、DVDプレスなら最安値、最速納期、最高品質保証のCD-PAC

CD-PAC 最安値保証 最速納期保証 最高品質保証 お問い合せは

DVDマスターを作る前に「DVDマスター制作の注意点」をよくお読みになってから制作をお願い致します。

DVDマスター制作の注意点

CPRM対応のDVD-Rメディアは使用出来ません

DVDマスターは主に地デジ放送録画に使われているCPRM対応のDVD-Rメディアを使用する事が出来ません。
マスター用DVD-Rは必ずCPRM対応で無いDVD-Rメディアをご使用下さい。
※DVD-R以外のメディア(DVD-RW等)では、入稿不備となりプレスする事が出来ません。

書き込み形式に注意

DVDには概ね、一般的なDVDプレイヤーで映像が見られるDVDビデオ(DVD-VIDEO)形式とCDには入りきらない大きなデータを収めるDVDロム(DVD-ROM)形式がございます。
書き込みの際に間違った形式で制作してしまうと、そのままの形式でプレスされてしまいますので充分にご注意下さい。

ディスクアットワンスで書き込み

DVDプレス用のマスターは必ずDVD−Rメディアにディスクアットワンスで書き込む必要があります。
ご使用の書き込みソフトで必ずディスクアットワンス(DAOや追記不可、クローズ、ファイナライズと表記されるソフトもあります。)に設定して書き込んで下さい。

片面2層DVD-R(DVD-R DL)では入稿出来ません

片面2層DVDのプレス用マスターはPD(プラントダイレクト)イメージDVD-Rでの入稿となります。
片面2層DVD-RにDVD-VIDEO形式で制作された場合、マスターとして使用出来ません。
また、PDの場合もレイヤー0、レイヤー1をそれぞれ別の片面1層DVD-Rに焼いてご入稿お願い致します。

DVDマスター入稿の前に

大切なDVDマスターを送付頂く前に、必ず「DVDマスター入稿の注意点」をよくお読みになってから入稿をお願い致します。

s